両刃和包丁(りょうばわぼうちょう)    ~錆びにくい和包丁~

和食の料理人が求めるシビアな切れ味を追求した両刃の和包丁です。

子の日の両刃和包丁は[サビに強い][切れ味が良い][刃の持ちが良い][砥ぎ易い]という包丁の理想を高次元で実現し、和食調理での優れた仕事が可能です。

手軽に使える両刃の和包丁だからこそ高品質の包丁をお勧めします。

包丁の研ぎも比較的簡単で刃こぼれにも強く、通常の片刃の和包丁よりも手軽に使えます。

■柄:白八角柄(朴) ■サヤ:無しor白サヤ(朴) ■使用鋼材:ハイカーボン特殊鋼


日本の包丁製造技術は世界でも高い評価を受けています。

日本刀の流れを汲んだ伝統的製法で造られた和包丁はただ単に「切れる」というだけでなく、その製造方法へのこだわり、姿の美しさなど世界に類を見ない道具として高い評価を受けています。和包丁は日本料理の繊細仕事に欠かすことのできない様々な工夫が施されており「日本料理は極 めるほど包丁の数が増える」と言われるほど欠かすことのできない道具として使われ続けています。このように日本料理人の精神とも言える特別な道具だからこそ、これからも本当にこだわった包丁作りを続けていきたいと「子の日」は考えております。古来より受け継がれた技術を活かし新しい物を創作します。

【ひずみ取り】

包丁の曲がりが無い様「ひずみ取り」を施し、柄に対してまっすぐ取り付けを行っています。良い包丁をより使いやすくする為の基本的な工程です。

【アゴ磨き】

指が触れる「アゴ」の部分を丁寧に磨き上げ、包丁の使いやすさを向上しています。調理を行う上で使いづらさを感じる部分は積極的に改良しております。

【柄埋め】

包丁と柄(え)の間にできる隙間を、柄と同じ材質を使用して埋めています。隙間を埋めた後もロウを染み込ませて隙間に水が入らない様にするなど、細かな部分にもこだわった施しをしております。隙間に水が入り、包丁の中子(柄の中に入る金属部)がサビてしまうといったトラブルを防ぎます。

【刃紋】

「子の日」の本焼包丁は美しい刃紋にも特徴があります。刃の丈夫さを向上させる為に施す「土置き(鋼に柔らかい部分を残す為の作業)」の跡が美しく浮かび上がり、日本刀の様な刃紋が現れています。

【製造工程】

一流の伝統工芸士が細部までこだわった包丁製作を行っています。鍛冶の工程では鋼を痛めない様に低温で時間を掛けて鍛造します。この様に全ての工程で妥協無く造り上げられた包丁は見た目に大きな違いはありませんが使い比べると鋼に粘りがあり、切れ味に優れ、性能が大幅に向上しています。